日本人がはじめて英語に出合った時。(渋谷の英会話スクールWe スタッフブログ)

ジョン万次郎

「英語」が本格的に入って来た明治時代は『英学』と呼ばれていました。その後、英語が『英会話』という呼ばれるようになり薄っぺらくなった感が否めないと思うのは私だけでしょうか?今回は、「会話」以外にも、「対話」「ディスカッション」「ディベート」など、多数存在するコミュニケーションの形についてブログを書いて見ました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA