新年に始めたい! 英語力アップのおすすめ!

新年明けましておめでとうございます。本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

新年を迎えて何か新しいことを始めたいなと思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

ちなみに英語では、新年の目標をNew Year Resolutionと言ったりもしますよね。

自分磨きのためジムに通い始めたり、語学学習を始めたり、

英語学習を今年こそは頑張りたいという方もいらっしゃると思います。

しかしあまりにも大きな目標を立てすぎると長続きせず、逆に苦手意識が生まれてしまったというように逆効果になってしまうこともあります。

そこで今回は毎日継続できる英語力アップ方法をご案内したいと思います!

それは…毎日英語日記を書くこと!

’’日記か…日本語でも日記を書き続けるの苦手なんだよな…’’という方もいらっしゃるかと思いますが、

今回ご紹介する方法のポイントは、たった3行の日記という点です!

下記でなぜたった3行の日記が英語力アップにつながるのか詳しくご説明していきたいと思います。

おすすめポイント① 挑戦のしやすさ・続けやすさ!

毎日英語で3行日記のおすすめポイント、まずはなんといっても挑戦のしやすさ&続けやすさ!

英語学習をなかなか継続できなくて…とお話しいただく生徒様に毎日の学習内容を聞いてみると、

「毎日問題集を5ページ」、「単語を1日30個覚える」などなどなかなか大変そうな内容が多いです。

もちろん毎日これを続けられればとても力はつきますが、最初のうちは継続できたたが、だんだん辛くなってやめてしまったり、英語学習楽しくないな…英語苦手なのかなと思ってしまう

なんていう経験をされた方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

でも、今回おすすめする毎日3行日記は5-10分程で楽しくパパッと続けられるとっても手軽な英語学習法なんです。

もし3行書くのも大変という方は、1行からスタートしてもいいかもしれません。

たった1行~3行でいいんだ!と思えば通勤帰りの電車の中、寝る前の5分間、などちょっとした隙間時間で気軽に続けることができますね。
わざわざ日記帳やノートを用意しなくても、手帳の隅やスマホメモに少し書いてみるだけでもOKです。

おすすめポイント② 英語を生活に取り入れる

英語日記の大きなメリットとして、実際に自分が使える英語の学習ができるという点が挙げられます。

海外の友達や英語レッスンの先生と英語で会話をする時に、’’話したいことはあってもうまく説明できない…’’という経験をしたことはありますか?

この経験は、もちろん単語量や文法量が少ないからという理由もありますが、ただひたすら単語量や文法量を増やしても上記のような経験をする方は多くいらっしゃいます。

これは、英語で話すことに慣れていないというのが大きいのではないかと思います。

ここで言う、’話すこと’というのは口に出して喋るというスピーキングのことだけを指すのではなく、
自分自身のことや自分の意見を説明するなどアウトプットのことを指しています。

例えば、リーディング、リスニングは得意だが、ライティングスピーキングは苦手という方を多く見かけますが、これは自分の持っている英単語、文法を使って話す(アウトプットする)ことに慣れていないのが原因です。

英語日記をつけ始めると、自然と内容は自分自身のことや、自分が感じた内容が多くなります。テキストや文法書などでみる硬い例文とは違った、より自分の生活に基づいた英語を使うことになります。

この時にポイントとなるのが、なるべく日本語で考えないということです。

自分の持っている英単語、文法を使ってアウトプットすることで、とっさに英語を話さなくてはいけない場での力を鍛えることにつながります。

最初の日記内容はシンプルな文章構成でも良いと思います。

例えば ’今日は会社でミーティングがあって、新しい商品について話し合った’

I had a company meeting today. We discussed about new product.

というようです。

この文章を書く際に、もし’商品’という単語がわからず辞書を使ったとしても、’’一日30個覚える’’と決めて無理に覚えようとした単語より、はるかに自分の役にたつ使える英単語になるのではないでしょうか。

このように英語日記は、自分が実際に使える英語の力をつけることができます。

おすすめポイント③話題が増える

海外の友達と話していて気づいたことの一つに、

How was your weekend? からの話の広げ方がすごい!というのがあります。

「週末何してたのー?」と聞いて、

I hang out with Jessica on Saturday. Oh Jessica is one of my friends from high school and we have so much in common, but I haven’t seen her for a while so we decided to go for coffee at Shibuya. There’s my favourite cafe which serves the best latte in Japan…..

といったようにすごい情報量の回答が返ってきます。

文章をよくみると、ただ「友達とコーヒーを飲みに行った」という内容だけで、実はそこまで難しい内容ではありません。

英語で話すことが苦手、特に会話をするのが苦手という方の中には、何を話していいのかわからない、話題がないという方もいらっしゃるかと思います。

でも、英語で日記を書き始めると、1日を振り返り、小さな出来事に気付くので、上記のように様々な話題の発見をすることもできます。

最後に…

日記は記録が増えるにつれ読み返す楽しさが倍増していきます。

続けているうちに書けるバリエーションも増えて行きます。

自然と外国人の芸能人のブログなどに興味が出たりもします。

そんな風に楽しく学んでいくうちに、好奇心、向上心に拍車がかかり、

気づいたらNativeもびっくりのこなれた表現がスラッと口から出てくるようになります。

日記は、あなたの知識の「貯金通帳」ともなります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA