“Online-first, Offline-Premium” 

weは、常に時代に合った「スクール・エクスペリエンス」を追求してきました。90年代は、勉強に集中できる教室。 00年代は、カフェ・スタイル。 10年代は、ソーシャライジング・スタイル。そして令和の時代は、“Online-first, Off-line-Premium” の「ハイブリッド・ラーニング」。オンライン・レッスンでは、時間を有効に効率的な学習を、オフライン・レッスンでは、心に残る印象的な英会話学習をプロデュースします。

weは、これからも皆様と共に進化し続けて参ります。

weコンセプト

新しい言語を学ぶことは、新しい自分を創造すること。

女性がパソコンの前で遠くを見ている

「言語は単なるツール」と割り切っている間はその言語の本当の教え手にはなれません。言葉には、その言葉を育んだ文化や思考が「土台」として存在します。柔らかく言うと「ノリ」のようなものが存在します。日本語で生活している私たちは、日本語での考え方、感じ方を土台(ノリ)にしています。土台を無視して言葉だけを機械的に学ぶことは、一見合理的に聞こえますが、それはアプリを互換性のないOSにインストールすることと同じです。当然、クラッシュしてしまいます。そのような英語学習断念者が数多く存在することはご存知の通りです。weでは、土台(OS)をアップグレードし新しいモノの見方や世界観をもたらす英会話学習をプロデュースしています

自分の好きなテーマで学ぶ。

従来の英会話スクールは、4スキルの習得のみに集中します。よって、例文もルールや文法を覚えるためだけのものになり自分とは関係のない内容で進んでいきます。自分につながっていない内容だと直ぐに飽きがきてしまい多くの人が長続きしません。weでは、自分に関係する英語を軸に学びます。「生徒中心主義フィロソフィー」のもと、生徒が自分自身に関する「事実 (facts)」「好み・価値観 (value)」「意見 (opinions)」、そして「感情 (sentiments)」を説明・表現できること。”Beyond the Language” 。「英語力」の在り方は一人一人違います。weは、常に言語のその先にある一人一人の”Customer Success”を見続けています。

日々の生活で使っている言葉を軸に学ぶ。

weが、1996年の創業以来、軸にしてきたことは「生徒中心主義」。それを軸に様々なシステムやコンテンツを開発してきました。例えば、“Metrix”。これは、あなたが「英語化」したい自分自身のライフシーンやテーマが整理できるシステムです。“Metrix”内で創作された英語は、あなたの「コア・イングリッシュ」となります。教材、講師そしてクラス、weの全てのリソースは「あなたの英語」を完成させるために存在します。「生徒中心主義」を軸にしてできた weのパーソナライズ・システムを、お気軽に無料カウンセリング & 体験レッスンでお確かめ下さい。

受講スタイルも「自分ならでは」に、カスタマイズ。

自分用にデザインされたプランでの学習は、吸収力と定着力の面から効果が最大化します。人それぞれニーズや弱点も違います。受講のスタイルの向き不向き、そして好みも違います。weには、様々なレッスン・コンテンツに加え、マンツーマンからグループレッスンまで幅広い選択肢を揃えています。リソースを最大限に活用するには、コンサルタントとしての役割を担う「カウンセラー」の存在が重要です。 weでは、カウンセラーを講師と同等に重視しています。カウンセラーが、目標達成まで、あらゆる角度からサポートします。

「上達を納品」。投資効果を最大にする。

「英語に触れる」「英語のシャワー」「いっぱい喋る」「ペラペラに」など、世の中には、たくさんの広告文句が謳われています。こうした英会話業界の軽薄な扇動が、英語教育を「雰囲気主義」へと陥らせています。「雰囲気主義」に走った語学学習は、「自己満足」か「なんとなく慣れた」で終わってしまいます。レッスンの度に知識を蓄積させ、そして上達を定着させるには、自分が主体となったコンテンツでバイリンガル/バイカルチャル・コーチのもとで学ぶことが肝要です。

勉強より環境。日本語学校併設。生徒も世界中から。

言語は、勉強より環境。パターンを詰め込むのではなく、自分自身を国際環境に馴染ませることが最良の方法です。日本語スクールも併設しているweでは、外国人生徒と共に受講するクラスも存在します。様々な知識やスキルを世界の人たちと共に「英語で学ぶ」機会をオンラインとオフラインで提供しています。