代表者メッセージ

毎年「世界英語力ランキング」というのが発表されマスコミが騒ぎ立てます。

日本の位置は、多少は前後するものの概ね40位から50位が定位置です。

どのようなデータに基づいて調査されているのか、その信憑性は分かりません。

でも、もしその結果が正しいのであれば、その原因は「英会話」という3文字にあると思います。

この「英会話」という和製漢語は、日本でしか通じません。

アジアの漢字圏の人は、この「英会話」の3文字は読めても違和感を感じると言います。

「英会話」は、文字通り「英語で会話すること」が目的となった言葉です。

日本人は、会話をするために英語を学んでいます。

でも、他の国の人たちは生きるために英語を学んでいます。

「会話」は手段です。

「英会話をやる」。ということは、手段を目的にするということになります。 

日本人は、決して外国語が苦手な国民だと思えません。

日本は島国だからこそ、常にアンテナを張り巡らし、

その時代の最先端の国の言葉と知識を学び国を発展させてきた歴史があります。

世界が、漢の時代だった時は、漢学を取り入れ論語を吸収しました。

オランダの時代になれば、蘭学を取り入れ「解体新書」をはじめ様々な最先端の学問を得ました。 

そして、イギリスの時代には、英学を取り入れ、新しいシステムを学び産業革命を追いかけました。 

正に時代を生き抜くための外国語でした。

当時は、電話もインターネットもありません。

主には唯一のメディアである「活字」から、最先端の情報を収集していました。

だから、日本では、学校教育を含め読み書きの発達が先行したのです。

今の日本の英語教育の判断ミスは、読み書きを極端に否定して「英会話」に行ってしまったことです。

日本人は、過去の礎の上で現代のニーズに向き合えば、必ず世界に通用する英語力を培えるはずです。 

格調高い日本人らしさを発揮し「ネイティブ」と対等、もしくはそれ以上の英語話者になれるはずです。

「武士道」を書いた新渡戸稲造、「茶の本」を書いた岡倉天心のように。

英語で会話する際「ネイティブ」のように振る舞おうとする滑稽な人を見かけます。

外側に合わせるアプローチは、真のコミュニケーションへの遠回りとなります。

英語を本当に自分の言葉にするには、先ずは自分の内側(アイデンティティー)を知ることが大切だと思います。

外国語を学ぶ醍醐味は、自国を外から見る機会、自分たちの価値を再発見する機会、

その上で、異なる文化や価値観を取り入れる発想を得ることだと思います。

単に文法や単語を学び、発音を真似ることがゴールでなく、

見識を拡げ、自分の中に新しいセンスとモノの見方を加える。

外国語習得は、自分を進化させる最高の経験 (Wonderful experience) だと思います。 

株式会社ウィー代表 樽石幸治

we japanese language school counselling