Weは、オンラインでもオフラインでも同じエクスペリエンスができます。

Weは、常に時代に合った「スクール・エクスペリエンス」を創造し続けて参りました。90年代は、勉強に集中できる教室。 00年代は、カフェ・スタイル。 10年代は、ソーシャライジング・スタイル。そして、20年代令和の時代は、「リモート&リアルラーニング(Remote and Real Learning)」。今のWeは、オンラインでもオフラインでも同じエクスペリエンスが可能です。 Weの教室では、オンライン参加者とオフライン参加者が融合する新しい世界が存在します。

自分専用のWebプラットフォーム「Welife」。

「Welife(ウィーライフ)」は、レッスンの予約はもちろん、講師との授業前の打ち合わせ(メッセージング)、レッスンレコードの閲覧復習など全てをネット上で管理できるシステムです。オンラインを受講の場合は、サイト上のクラス名をクリックすることでオンライン教室に入ることができます。 毎回の授業で “deliverables”(成果物)を明確にすることがWeの特徴。授業の時間=「納期」、授業の成果=「納品」をコンセプトに常に生産性の高い授業を目指しています。また、授業料は、生徒さんの「投資」です。Welifeは、生徒さんに「リターン」をもたらせるROIへの意識から生まれたシステムです。

毎回、成果を「納品する」”WWWアプローチ”。

WWWアプローチ

We内部では、レッスンの時間を「納期」、レッスンでの成果を「納品」と呼んでいます。そして、確実に生徒さんに成果を納品するために、Weのレッスンは、3つの「W」で構成されています。「Warm Up」「Work Up」「Wrap Up」。「Warm Up」で得るべく成果を明確にし「Work Up」で成果を産出し「Wrap Up」で成果を定着させます。全ての時間が成果につながるように設計された「WWWアプローチ」により毎回上達を経験していただきます。

世界35ヶ国からなる日本語スクール会員との交流

言語習得は、勉強より環境。日本人生徒しかいない勉強部屋ではなく、インターカルチャーできる環境にダイブしよう。Weは、英会話学校でもあり日本語学校でもあります。両方で『We』です。その Weには、世界中から300名以上のWe会員が集まっています。ビジネスマン、大使館職員、アーティストまでバックグラウンドも様々。英語、日本語両スクールの合同クラスやイベントもあり交流も盛んです。そして、Weならではの「エクスチェンジセッション」では、両スクールの会員同士が学び合い、そして教え合います。知識は「学校」で教わることができますが、「感覚」を鍛えることができる「環境」が存在するのはWeだけです。 Weは、あなたのコミュニケーションのクウォリティーを上げる唯一無二・オンリーワンのフィールドです。

インスピレーションが刺激されるメンバーシップ・ラウンジ。

Weはハード面の心地よさも上達の源と考えます。「来ることにストレスを感じない」「レッスン有無に関係なく足を運びたくなる」空間では、「やる気が持続する空間」=「上達する空間」となります。リラックスして勉強に集中できるよう照明にもこだわり、参考書や海外雑誌、写真集などを揃えもちろんWiFiも完備。平日の仕事帰りや休日、レッスンの有無にかかわらず自由にカフェ気分でご活用ください。渋谷にありながら落ち着いたオアシスような空間です。同じ目的をもつ生徒さんや世界中から来られるWeの日本語学校の生徒さんとの出合いもあり、学習意欲とインスピレーションが刺激される空間です。

Weインターカルチュラル・パーティー&イベント

Weのパーティーは、世界各国から集まったWe日本語スクールの生徒さんも参加。生の英語に触れながら国際交流ができます。3ヶ月に1回のペースで開催されますので是非お友達ご家族をお誘いの上ご参加ください。学んだ英語を実践できる社交の場として、外国人を含めた人脈を広げて頂けます。