外国人と話しているだけでは上達しません

「英語に触れる」「英語のシャワー」など、世の中には、たくさんの広告文句が謳われています。しかし、英語に触れているだけだと結局「精神安定剤」で終わってしまいます。こうしたミスリードが、英語教育を「雰囲気主義」の「英会話」へと陥らせました。語学は、スポーツと似ています。講師は、生徒というプレーヤーのパフォーマンスに責任をもつ「コーチ」であるべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA